(有)応用心理研究所
TOP>心理支援

心理支援

○心理支援の効果

どんなとき、人生に邪魔が入るか

1 大切な場面で実力が発揮できない
 もし、あなたが上がり症や緊張症であるとすると、大切な場面でご自分の実力を示すことができないかもしれません。上手に実力を発揮した場合とそうでない場合を比べると、たとえそれがたった1回のことでも、人生が大きく変わるかもしれないと思いませんか。
 しかし、長い人生の中で私たちは、そうした場面に無数に遭遇するはずです。

2 人生でハンディを背負わされる
 もし、あなたが人間関係を上手に作れない人だとすると、他の人と同じことをしているときでも、あなただけほんの少し低く評価されるかもしれないとは思いませんか。誰かが悪いのではなくて、人間関係というものは、全体を覆う雰囲気を作ってしまうからです。 1日の差は小さくても、長い人生の中で人間関係は、私たちの人生にどれほど影響するでしょうか。

3 チャンスを逃す
 もし、あなたが不安定な心をもっていたり、引っ込み思案であったりすると、自分を飛躍させるチャンスを逃してしまうかもしれません。人生は、ちょっとしたチャンスからでも大きく変わってゆくものです。

「まあ、仕方ない」とか「よくあること」で済ませていませんか。「解決できないこと」などと、諦めていませんか。
もし問題を解消する方法があったら、試したいと思われませんか


心理支援の効果

 心理支援は、大きな問題をもつ方だけでなく、むしろ一見元気な社会人の方に効果的に働きます。心の構造に問題を抱えていない方は、ほとんど居られないはずです。その問題をどのくらい解決できるかで、社会生活の快適さが決まると言っても過言ではないでしょう。
 人間関係がスムースになったり、子育ての先が見通せるようになり、子どもの教育もこつを掴むことができます。恋人同士の語らいが実り豊かなものになり、夫婦関係が阿吽の呼吸になるでしょう。もちろん頭がすっきりとして、数段働きが増すように感じられるはずです。


更に心が不自由な方の場合

 私は、精神的な問題の多くについて、病気とか精神疾患といったことばをあまり使いたくないと考えています。私たちの心は、相対的に効率よく働いてくれたり無駄が多くなったりするだけだからです。確かにある限度を越えて効率が悪くなると、明らかに社会生活に支障をきたすことにはなりますが、どこからと線を引ける訳ではありません。ですから、「精神疾患だから治さなければ」とか「私は病気じゃないから必要ない」ということではなくて、誰でもが「より効率の良い心の構造を手に入れて得する」ということなのです。
 例えば、うつ病になった方の場合、よく「うつ病は再発しやすい」とか「治っても脆弱性が残る」などと言われます。しかしこれは、心の構造を明らかにできず症状だけで判断せざるを得ない、現代心理学の間違いなのです。症状だけを見ると「段々良くなってきたようですね」などと見られる場合でも、心の構造が効率よくなっていなければ治っているはずはありません。心の構造は、その方が症状としてうつ病になる以前から似た状態が続いているはずですから、もしその構造を改善できれば、当然の結果としてうつ病になる前よりも元気になるはずです。そうでなければ、治ったとは言えないはずです。


統一場心理学が可能にした心理支援の効果

1 これまでは偶然で決まってしまった
 統一場心理学が生まれる以前は、心の構造を知る人はほとんどいませんでした。専門家ですら部分的な経験論しか知らない人が多いのですから、一般の親たちが知るはずもありません。どのように子育てをしたら、健康な心が造れるのか、能力を発揮し易くなるのか、どこでも誰の前でも堂々と振舞うことのできる子どもになるのか、誰にも分かりませんでした。
偶然に上手に育てられた子どもは、楽に能力を発揮でき、周囲から「頑張った」と言われ、そうでない子どもは、苦労しても能力が発揮しにくくて「どうして頑張らないんだ」と批判される人になってしまうのです。

2 人生を偶然の手から取り戻す
 残念ながら、今すぐに全国の親たちに統一場心理学を知って頂くことは難しいと思います。私どもにできることは、皆さんが「私の心は、どうも上手に作られていない」と感じて「是非とも、効率の良い心に変えたい」と考えたとき、それが可能な環境を提供させて頂くことです。
 皆さんが、もし統一場心理学を学ばれ自己変容の最初のところを経験できれば、自分で自分の心を、皆さんの望むところまで進化させることができるのです。

○カウンセリング

私の基本姿勢
 まずカウンセリングを始める前に、私は以下のように申し上げています。
「もし3ヶ月通われて(難しいと思われる場合には6ヶ月と申し上げることもあります)、何ら改善が見られない場合は、私は無力です。」
 通常のカウンセリングでは、数年という単位が珍しくないと思います。前述の期間で健康になるとは申し上げられませんが、3ヵ月後(6ヵ月後)に何らかの改善が感じられた状態で、もう十分だということで終了されるか、ここまで改善したのだから更に続けたいかを、改めて考えて頂くことにしています。真面目に通って頂いて、最終的に2年で終了しなかったことは今のところありません。
 もちろん、3ヶ月(6ヶ月)でまったく効果が見られなかった場合、終了するか他のカウンセラーをご紹介させて頂きます。(実際には、そのような例はほとんどありません)
 当然のことながら、いつ終わるのか分からない状況のまま何年も引き伸ばすようなことはありません。

人生というものは、ごく普通に生活していても、色々な心の問題が起きてくるものです。もっと人付き合いを上手にしたいとか、夫婦の関係を修復したいとか、子どもの育て方に不安があるとかです。また仕事でも、ストレスを減らしたいとか、お客さんに分かってもらいたいとか、上司との関係をもう少し改善したいとか、色々なお気持ちがあるでしょう。
応用心理研究所では、心の病で困っている方から第一線で活躍中の方まで、様々なご相談に、効果的なご助言をさせていただいております。

カウンセリングのお申し込み、お問い合わせはこちらをごらんください。

○心理支援のご案内

(1)心理アドバイス、カウンセリング

75分。1万円。予約制。朝9時〜夜9時。年中無休。
お客様自身が進行状況を理解しやすい形で、カウンセリングを行います。
現在、医師の治療を受けている方は、2回目のカウンセリングを受ける前に
担当の医師の了解が必要になります。
2回目以降は、電話でのカウンセリングも可能です。


またご来所の難しい地方の方のために、Skypeを使用した心理カウンセリングを行います。 料金、時間などの条件は、上記の一般的なものと同様です。

(2)TAFU(ワーク:三つの統合)

皆さんのもっている能力を100%発揮できるように工夫された、
仮面を使った楽しいワークです。


(3)その他

お悩みの種類によっては、一対一の心理アドバイスやカウンセリングよりも、統一場心理学セミナーなどで心理学の勉強をされるようにお勧めする場合があります。ご自身で自在に考えることが、より大きな効果に結び付くと考えられる場合です。経済的な負担も軽くなる場合があります。

 


よくあるご質問従来の方法では、なぜ難しいか
TOP

更新日:2011-8-10 ©応用心理研究所